白金ナノコロイドの化粧品・アミュールTOP > コエンザイムQ10 > コエンザイムQ10が不足すると

コエンザイムQ10が不足すると


コエンザイムQ10(コエンザエムQ10)は体内で合成されていますが、その量には個人差があり、加齢、特に20歳をピークに多くの臓器で減少してしまいます(心臓では40代で30%、80代で50%以上ものコエンザイムQ10が失われてしまいます)。

?コエンザイムQ10が不足すると?

コエンザイムQ10不足により一番問題となるのは身体がサビてしまうことです(身体が酸化されること)。身体がサビてしまうと、心筋の働きが低下し、息切れや動悸などの症状が表れるようになります。

またシミやシワなどの老化現象もこの身体がサビてしまうことから起こるといわれていますので、健康維持にはもちろん、美容や若さを保つためにもコエンザイムQ10は欠かせない物質なのです。

しかし体内で作られるコエンザイムQ10は加齢により減少していき、また食品から必要量を摂取するのは難しい事から、いまではサプリメントから摂る事が一般的となってきました。



 

Copyright © 2006-2017 白金ナノコロイドでアンチエイジング!. All rights reserved