白金ナノコロイドの化粧品・アミュールTOP > 活性酸素の知識 > 活性酸素の発生条件

活性酸素の発生条件


どんなときに活性酸素は発生しやすいのでしょうか?

食品添加物
お菓子やカップ麺をはじめとして現代人は1日に多くの食品添加物を摂取しているといわれていますが、これらが体内に吸収されると、この異物を除去しようと大量の活性酸素が発生します。

大気汚染
車や工場の排気ガスや空気中の有害物質が体内に吸い込まれると活性酸素が発生します。

タバコ
1本のタバコを吸うだけで100兆個の活性酸素が発生するといわれています。またタバコを吸わなくてもタバコの煙を吸っただけでも活性酸素は発生します。

アルコールの過剰摂取は活性酸素の大量発生につながります アルコール
少量のアルコールは血行を良くし、善玉コレステロールを増やしますが、飲み過ぎると肝臓でアルコールを分解する時に活性酸素を発生させます。

ストレス
興奮や緊張は副腎皮質ホルモンを分泌します。反対に緊張を和らげるにはアミノ酸化酸素を分泌します。このホルモンを形成したり、分解したりするときに活性酸素が発生します。

激しいスポーツ
適度な運動はストレス解消や健康にも良いのですが、過ぎた運動は大量の活性酸素を発生させます。

紫外線
紫外線が皮膚にあたると細胞内で活性酸素が発生し、コラーゲンやエラスチンを破壊、肌のシミやたるみを引き起こします。ですから直射日光の強い5?6月は特に注意が必要となります。

その他大気汚染も活性酸素が大量に発生する条件です
・放射線(レントゲン、胃カメラ、CTスキャン、放射線療法、コバルト療法)を浴びたとき
・手術や虚血(脳貧血など)で一時的に血流が止まったとき
・農薬、医薬品、消毒薬、洗剤などの化学物質が体内に入ったとき
・体内に病原菌が侵入してきたとき
・電磁波(携帯電話、パソコン、電子レンジ、高圧線、OA機器)を浴びたとき



 

Copyright © 2006-2017 白金ナノコロイドでアンチエイジング!. All rights reserved