白金ナノコロイドの化粧品・アミュールTOP > 白金ナノコロイドの知識 > 白金ナノコロイドの特徴

白金ナノコロイドの特徴


白金ナノコロイドがこれほど注目を集めるようになったのは、その効果が既存の抗酸化物質より優れているのはもちろん、効果が半永久的に持続し、安全性が高いからです。

?すべての活性酸素を除去できる?

いままで注目を集めていた抗酸化物質は、11種類あるといわれる活性酸素のうち特定の活性酸素しか除去できませんでした。

それに比べ白金ナノコロイド(プラチナナノコロイド)は、ほぼすべての活性酸素を除去する効果があるといわれ、究極の抗酸化物質といわれていたコエンザイムQ10αリポ酸(アルファリポ酸)などを凌ぐ、抗酸化素材の決定版として、化粧品やサプリメント、食品への使用が広がっています。

?効果が半永久的である?

コエンザイムQ10やαリポ酸などの従来の抗酸化物質は、一度活性酸素を除去する役割を果たすと、作用は失われてしまいました。しかし白金ナノコロイドは一度働くと抗酸化作用が無くなる他の抗酸化物質とは異なり、「触媒」として働くため、体内にある限り半永久的に抗酸化作用を発揮することができます。

?安全性が高い?

白金ナノコロイドは食品添加物として厚生労働省から認められており、長い期間体内に留まる危険性がないため安全性の高い物質です。また味もないので、食品や化粧品などに商品化しやすいといった特徴もあります。



 

Copyright © 2006-2017 白金ナノコロイドでアンチエイジング!. All rights reserved