白金ナノコロイドの化粧品・アミュールTOP > αリポ酸(アルファリポ酸) > αリポ酸(アルファリポ酸)とは?

αリポ酸(アルファリポ酸)とは?


人間の身体を構成する約60兆個の細胞に存在するαリポ酸 αリポ酸(アルファリポ酸)とはチオクト酸と呼ばれる脂肪酸の一種で、人間の身体を構成する約60兆個の細胞、ほぼすべてに存在し、細胞を活性化させ、活性酸素を除去する強力な抗酸化作用を持っている補酵素で、コエンザイムQ10とよく似ている物質のことです(究極の抗酸化ビタミンとも呼ばれています)。

アメリカやヨーロッパではアンチエイジング成分としてαリポ酸を配合したサプリメントが以前より注目されていましたが、
日本でも2004年6月に医薬品扱いから解禁され、一般のサプリメントに配合してよい成分となると、αリポ酸を配合したサプリメントは瞬く間に人気サプリメントとなりました。

αリポ酸は体内で微量にしか合成されず、また食品には少量しか含まれていないので、サプリメントで摂ることが一般的となっています。

またαリポ酸にはビタミンCビタミンE
約400倍という強力な抗酸化作用があるといわれ、元気のなくなったビタミンCやビタミンE、グルタチオン、コエンザイムQ10などの抗酸化物質を再び活性化させ、抗酸化力を長時間持続させるともいわれています。



 

Copyright © 2006-2017 白金ナノコロイドでアンチエイジング!. All rights reserved