白金ナノコロイドの化粧品・アミュールTOP > 活性酸素の知識 > 活性酸素とは

活性酸素とは


活性酸素(フリーラジカル)はよく“万病の元”“病気の90%に関係している”ともいわれていますが一概にそうとはいえません。活性酸素はその名の通り活性化された酸素のことで、酸化力の強い酸素で、もともとは体にとって必要な物質なのです。

活性酸素は体内に侵入した細菌やウイルスを撃退するために、白血球から放出され、これらと闘い、殺菌・消毒としての大切な役割を果たしています。

その一方で強い殺菌力をもった活性酸素が必要以上に大量発生すると、体内に悪影響、いわゆる身体(細胞)をサビつかせてしまうことがあるのです。万病の元といわれている活性酸素ですが一概にそうとは言えません

主な活性酸素としては、スーパーオキシドイオン・ヒドロキシルラジカル・過酸化水素・一重項酸素・過酸化脂質などがありますが、これらの活性酸素はそれぞれがさまざまな性質を持っており、細胞膜を傷つけたり、DNAを傷つけて遺伝情報を壊したり、コレステロールを悪玉コレステロールに変えたり、内蔵や皮膚、骨などのあらゆる組織にダメージを与えたりして、老化、白内障、緑内障、ガン、脳溢血、その他さまざまな生活習慣病の原因となってしまいます。

活性酸素は呼吸から取り入れられる活性酸素と、体内で発生する活性酸素に分けられ、体内に取り入れた酸素のうちの約2%が活性酸素になるといわれていますが 近年問題となっている活性酸素の殆どは体内で発生する活性酸素のことをさしています。



 

Copyright © 2006-2017 白金ナノコロイドでアンチエイジング!. All rights reserved