白金ナノコロイドの化粧品・アミュールTOP > 活性酸素の知識 > SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)

SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)


SODとは、ヒトの身体の各細胞に一つづつ存在するスーパーオキシドジスムターゼ(超酸化物不均化酵素)、いわゆる活性酸素消去酵素のことです。

大量に発生した活性酸素と闘うために人間の身体ではこのSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)という抗酸化物質である酵素が作られています。しかし残念なことに、この酵素は20歳代をピークにどんどん活性が衰えてしまいますし、体内で作り出されるSODの量には個人差があるのです(40代になると急速に生産能力が衰えてしまう)。SODは加齢とともに減少していきます

またSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)だけでは活性酸素を除去しきれないということも分かってきましたので、食品などから活性酸素と闘うために、SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)同様の働きをする抗酸化物質を摂らなければなりません。

活性酸素は非常に酸化力が強いため、これらのSOD及び抗酸化物質が体内に豊富にないと正常な細胞までも傷つけてしまい、これがさまざまな病気や老化などの原因となってしまうのです。

?SODの働き?

・活性酸素の発生源を抑える
・発生した活性酸素にマイナスイオンを与え、毒性(活性)を抑える
・活性酸素に傷つけられた細胞を修復し、再生させる

またSODと同様の働きをする抗酸化物質としてよく知られているのは、ビタミンCビタミンEポリフェノールリコピンβ-カロチン(ベータカロチン)カテキンコエンザイムQ10αリポ酸(アルファリポ酸)白金ナノコロイド(プラチナナノコロイド)などです。



 

Copyright © 2006-2017 白金ナノコロイドでアンチエイジング!. All rights reserved