白金ナノコロイドの化粧品・アミュールTOP > 抗酸化物質 > ポリフェノール

ポリフェノール


ポリフェノールが豊富な赤ワイン ポリフェノールとは、ほとんどの植物に含まれている色素や渋み・苦みの成分のことで、光合成によってつくられています。いまでは5大栄養素(炭水化物・脂肪・たんぱく質・ビタミン・ミネラル)や、食物繊維に次ぐ7番目の栄養素として注目を集めています。

ポリフェノールは主要なものだけでも約300種類以上、分かっているだけでも約5000種類以上もあるといわれ、共通しているのは生活習慣病や老化の原因といわれている活性酸素を除去する強い抗酸化作用があることです(一つの食品に何種類ものポリフェノールが含まれていることもあります)。

近年ポリフェノールのもつ抗酸化作用が、体内の活性酸素を減らし、生活習慣病やストレスに効果があるという事で注目されていますが、身体への影響や代謝の過程、必要な摂取量などはほとんど明らかになっておらず、これからの研究が待たれるところです。

?ポリフェノールの効果?

・抗酸化力
・殺菌効果(カテキン)
・肝機能向上(アントシアニン)
・脂肪吸収抑制(ケルセチン・ウーロン茶ポリフェノール)
・女性ホルモンバランスの調整(イソフラボン)
・血圧降下(ルチン)
・発癌性物質の除去(クロロゲン酸)
・ストレス抑制(カカオマスポリフェノール)

?ポリフェノールの主な種類?

プロアントシアジニン:赤ワインケルセチンというポリフェノールが含まれているタマネギ
アントシアニン:ナスの皮、ぶどう、ブルーベリー、紫イモ
カテキン:緑茶
アップルポリフェノール:りんご
ショウガオール:しょうが
テアフラビン:紅茶
ウーロン茶ポリフェノール:ウーロン茶
クルクミン:ターメリック
イソフラボン:大豆(豆腐、納豆など)
カカオマスポリフェノール:ココア、チョコレート
クロロゲン酸:コーヒー、プルーン・春菊・じゃがいも、さつまいも
セサミノール:ごま
ケルセチン:タマネギ
ルチン:そば

フランス人は他の欧米諸国と同じように脂肪の多い食事を摂っているにもかかわらず、なぜか動脈硬化性の疾患による死亡率が際立って少ないのは、フランス人が日頃からよく赤ワインを飲むからだともいわれています。



 

Copyright © 2006-2017 白金ナノコロイドでアンチエイジング!. All rights reserved