白金ナノコロイドの化粧品・アミュールTOP > 活性酸素の知識 > 活性酸素が原因でなる病気

活性酸素が原因でなる病気


大量に発生した活性酸素が人体に与える害は
約200種類もあるといわれており、様々な病気(疾患)の元となっているといわれています。具体的にはどのような病気につながっているのでしょうか。

糖尿病・動脈硬化・脳血管障害(脳卒中)・老人性痴呆・虚血性心疾患(心筋梗塞)・脳梗塞・虚血(血流障害)・腫瘍(癌)・白内障・アトピー性皮膚炎・胃炎・肝炎・関節炎・各種炎症(炎とつく病気)・薬剤障害(薬剤性肝臓障害など)・農薬中毒(パラコート中毒など)・自己免疫疾患・ストレス性潰瘍・エイズ・パーキンソン病・歯周病・老化

身体をサビつかせ遺伝子(DNA)までも傷つけてしまう活性酸素。現代人にとってはいかにして活性酸素を除去するかが健康へ、また老化防止への大きなポイントなのです。



 

Copyright © 2006-2017 白金ナノコロイドでアンチエイジング!. All rights reserved